森の熊さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 診療報酬を3.16%引き下げ

<<   作成日時 : 2005/12/19 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政府、与党は18日、公的医療保険から医療機関や調剤薬局に支払われる診療報酬を来年度に3.16%引き下げることを決めた。

 下げ幅は過去最大で、医師の技術料などに当たる本体部分が1.36%、薬価が医療材料を含め1.8%。本体の引き下げは、初めて引き下げられた2002年度のマイナス1.3%以来。同年度の全体の下げ幅は2.7%で、今回はこれを大きく上回った。介護保険からサービス事業者に支払われる介護報酬も来年4月から0.5%引き下げることが決まった。

 ほかの医療制度改革と合わせ、計約2850億円の国庫負担圧縮となる。

 これにより、来年度から始まる医療制度改革の内容が出そろった。日本医師会などは診療報酬の引き上げを求めていたが、今月1日の改革大綱で、高齢者を中心に患者の窓口負担の引き上げが決定。医療サービスを提供している医師にも、膨張する医療費の抑制に向け「痛み分け」を求める形で決着した。


老人の窓口負担も2割に上がりますが医療機関の診療報酬もまた下がります。医療の質が下がらないことを祈るばかりです。
もちろんわれわれリハビリ関係者も外来患者の減少につながるのではないかということで署名活動してたんですが今の与党の勢いはとまりそうにありませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
診療報酬を3.16%引き下げ 森の熊さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる